相談

喫茶店などの飲食店を開業するなら税理士に相談│起業サポートプロ

申告は忘れずに

弁護士

青色申告をする

飲食店を開業後、経営を続けていくと、納税する必要が出て来ます。納税の際は、「確定申告」を提出しなければなりません。その際に、飲食店経営者が迷うのが、青色申告にするか、白色申告にするかという問題です。飲食店経営青色申告は、白色申告よりも多くの控除を受けることができます。青色申告で受けることのできる控除にはさまざまなものがあります。具体的にはまず、青色申告特別控除というものがあります。これは、帳簿のレベルに応じて、10万円控除と65万円控除を受けることができます。この控除により、所得税の支払い額を抑えることができるだけでなく、住民税や国民健康保険料でも得をすることができます。また、純損失の3年間繰越控除を受けることができます。これは、端的にいうと、3年間は黒字経営が可能になる制度です。
飲食店開業当初は、初期費用がかなりかかることになります。そのため様々な費用の工面に頭を悩ませてしまうものなのです。
この控除を利用することで、お得に経営を始めることができるのです。さらに、減価償却の特例があります。これは、経営に必要なものが、10万円以上30万円以下なら、経費に計上することができる制度です。経費にすることで、課税対象にはならないのでかなり有用なものだと言えるでしょう。そのため、節税にもメリットがあるのです。その他にも、青色申告のメリットはありますが、これらの手続きは非常に難しいものです。お店の経営を行ないながら、こういった制度の手続きをしていくのはかなり骨が折れます。できるだけスムーズに負担をかけないように手続きを進めていくには、税理士に相談するとよいでしょう。