相談

喫茶店などの飲食店を開業するなら税理士に相談│起業サポートプロ

必要な届け出

カップル

届け出

開業の手続が完了しなければ、飲食店の経営を行うことができません。飲食店を開業したら、「設立届」を提出しなければなりません。この届け出には、飲食店を開業した場所を記載し、税務署、都道府県税事務所、市町村に提出する必要があります。設立届けは、共通のフォーマットに記入し、設立から2ヶ月以内に提出することが義務付けられています。設立届けで提出する書類にはいくつかあります。具体的には、法人設立届出書、定款コピー、登記簿謄本、株主等出資者名簿、設立時の貸借対照表、設立趣意書です。これらは、法人設立の際に必要になります。一方で、個人で飲食店を開業した場合も手続きが必要になります。開業日から、一ヶ月以内に、飲食店の開業した場所の管轄の税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を提出します。しかし、これは義務ではありませんが、翌年から確定申告書が送られてくるようになります。また、青色申告書を開業日から2ヶ月以内に税務署へ提出することで、さまざまな恩恵を受けることができます。これらの手続きを、税理士に相談することで円滑に行うことができます。特に、青色申告についてのアドバイスを行ってくれます。

節税対策

飲食店を開業したら、節税対策を徹底すると良いでしょう。節税とは、納税の義務を守りつつ、納税額を節約することをいいます。節税では、控除や特例を利用すること、経費を利用することが基本です。費用を抑えたい場合は、自分で情報収集をして、対策を行ってもいいでしょう。ただし、脱税にならないように注意する必要があります。安全に節税をする際は、税理士に相談しましょう。自分では気づかなかった、節税対策を提案してくれます。